アクセス
アクセス 閉じる
ご予約・お問い合わせ
TEL.043-205-4183
お口のお悩み

入れ歯が合わない

Treatments

合わない入れ歯の問題

入れ歯

合わない入れ歯に不快な思いをしていませんか?入れ歯が口に合っていないと、歯ぐきが痛んだり、食べ物を噛んだ時に痛みを感じたりすることがあります。

そのまま合わない入れ歯を使い続けると、残っている歯に負担がかかってしまいます。入れ歯が合わないと思ったら、早めに歯科医院へご相談ください。

当院で扱う入れ歯

  • 総入れ歯(保険適応)
    部分入れ歯(保険適応)

    一部の歯を失った際に装着する、取り外しが可能な入れ歯です。残っている周りの歯に金属製のバネをかけて入れ歯を装着します。

  • 総入れ歯(保険適応)
    総入れ歯(保険適応)

    入れ歯の土台となる義歯床が全てプラスチックでできています。歯茎の色に近いピンク色の土台をつくることができますが、強度を持たせるため、ある程度の厚みを要します。保険適応の一般的な入れ歯です。

  • ノンクラスプデンチャー
    ノンクラスプデンチャー(自費診療)

    ノンクラスプデンチャーは金属を使用することなく、樹脂製の弾力のある素材を使用した部分入れ歯です。金属のバネがないため、見た目もよいです。また金属を使用しないので、金属アレルギーなどの心配のある方でも使用することができます。

  • 金属床入れ歯
    金属床入れ歯(自費診療)

    金属を土台に使用することで、通常よりも強度も強く、よくかむことができる総入れ歯です。食事の熱も伝わりやすいため、入れ歯の違和感を少なく食事を楽しむことができます。

入れ歯の料金

自費診療の入れ歯の料金については、自費治療費一覧をご覧ください。

次のページ
口臭が気になる